CDジャーナル  2018年8・9月合併号

 

2018年7月20日発売
定価 本体1,000円 + 税

 

 Cover & feature
■ 上坂すみれ

今月のCDジャーナルは2年ぶりに声優/歌手の上坂すみれにカバーに登場。ニュー・アルバム『ノーフューチャーバカンス』の話はもちろん、最近はまっていること、今度のツアーでやりたいことまでおなじみプロインタビュアー吉田豪があれこれ聞いちゃいました!

■ 舞台「おそ松さん」6つ子イケメンバージョン F6

今月のW表紙は舞台「おそ松さん」より、おなじみ6つ子イケメンバージョンF6が登場。人気楽曲「“F“→U GO! -Many Money Make You Happy-」のMV撮影現場に緊急潜入、撮影の合間にチョロ松役、小野健斗とカラ松役、和田雅成に、舞台のマル秘裏話からさすがすぎるイケメンエピソードまでたっぷり聞いてきました!

 

 Special Feature

【特別企画】ハロプロスッペシャ~ル
つばきファクトリー、Juice=Juice、ハロプロ研修生
『柚木麻子と朝井リョウのハロプロの行間を徘徊する』

今月のハロプロスッぺシャ~ルは3本立て。まずはニュー・シングル「デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい/純情cm(センチメートル)/今夜だけ浮かれたかった」を発表するつばきファクトリーから山岸理子、岸本ゆめの、小野瑞歩、小野田さおりの4人が登場。浴衣姿なので、写真撮影は全メンバーに登場してもらいました!2本目はアルバム『Juice=Juice#2-!Una mas!-』を発表するJuice=Juiceから宮本佳林、段原瑠々、稲場愛香! 稲場愛香はJuice加入後はじめての登場です。そして3本目はハロプロ研修生から、前田こころ、山﨑夢羽、島倉りか、の3人がCDジャーナル初登場!!!グラビアも超フレッシュです。
また、好評連載『柚木麻子と朝井リョウのハロプロの行間を徘徊する』第17回はまさかの美勇伝特集。つばきファクトリー「デートの日は二度ぐらいシャワーして出かけたい」と、モーニング娘。’18「Are you Happy?」「A Gonna」についてもプロファイリングします!

【特別企画】ENDRECHERI TSUYOSHI DOMOTO @NHKホール

堂本剛のプロジェクトENDRECHERI@NHKホールの模様をたっぷりの写真とともにレポート。

【特別企画】佐野勇斗(映画『青夏 きみに恋した30日』)

話題の映画『青夏 きみに恋した30日』主演。ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーとしても活動する佐野勇斗のインタビューととりおろしグラビアをお送りします。

■ Negicco 

■ 大河ドラマ『西郷どん』 (インタビュー)富貴晴美 

■ 里アンナ×佐々木俊之

■ 宮本笑里 

■ 琴音

■ ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

■ テアトルCDJ 

 

 Artist Interview

■ テイ・トウワ

■ (U)nity

■ アルフレッド・ロドリゲス

■ ASA-CHANG エマーソン北村

■ 高橋悠治

■ イル・ディーヴォ

■ スガダイロー

■ キャット・エドモンソン

■ The Messthetics

■ 石橋英子

■ ヨーラン・モンソン

■ ブールヴァール・デ・ゼール

■ チョン・キョンファ

■ B’Ridge

 

 New Releases

NEW DISCS
– CD & DVD 推薦/注目盤 厳選100点レビュー

CDジャーナル試聴記
– 洋楽・邦楽のロック&ポップスから、ジャズ、クラシック、ワールド・ミュージックまで、あらゆるジャンルの執筆者によるCD新譜試聴コメント700点を掲載

CD & DVD新譜情報リスト
– 洋楽・邦楽のロック&ポップスから、ジャズ、クラシック、ワールド・ミュージックまで、あらゆるジャンルのCD & DVDの新譜情報を可能なかぎり掲載

 

 Serial

■ 柚木麻子と朝井リョウのハロプロの行間を徘徊する(17) 高岡洋詞・片野智浩
■ 帰ってきたCDじゃないジャーナル(14) 松永良平 (ゲスト)町あかり 
■ 僕の音盤青春記(217) 牧野良幸
■ よろしく哀愁(185) 松山晋也
■ 日々悶絶(90) 片山杜秀
■ アナログは猫である(6)湯浅 学
■ Classic The New Chapter(15) 苅谷 熙
■ アイドル消耗戦(85) 南波一海
■ 灯をともす音楽(14) 行 達也
■ アメリカ学園天国(92) 長谷川町蔵+山崎まどか
■ 書をステディ町へレディゴー(95) 安田謙一+辻井タカヒロ
■ 大橋ジャーナル(85)大橋裕之

 

Audio
オーディオ新着新製品ガイド

 

 etc

Book Review
編集後記